全切開法二重

二重切開法は全切開と小切開(部分切開,ミニ切開)に分けられます。切開法は
埋没法と比べれば、ラインが取れない(取れにくい)、パッチリした二重、腫れが強い

などが特徴ですが、特に全切開法は外人風の目や弛んだ瞼をスッキリさせることが

できるなどの利点があります。切開法の成功や失敗、修正の難しさについて説明します。

全切開法手術の流れ1
二重をデザイン
全切開法手術の流れ2
全切開法の麻酔
全切開法手術の流れ3
全切開法の手術

全切開法のクリニック選び

ハッキリとした目力のある目は全切開法が一番です。この全切開法の手術の結果は担当ドクターの手術の良し悪しで決まります。病院選びでなく医師選びが人生の分かれ目。

全切開法の一般的な費用

全切開法の費用はマチマチで、手術レベルも随分違います。安すぎれば雑で、高すぎても単にボッている事もあります。最高水準の手術を適正価格で受けるべきです。

全切開法の手術とは、どういうものか、なぜパッチリした二重になるのか、の仕組み、埋没法と何が違うのか等を図解入りで説明します。

全切開法の医学

全切開法とは、「大きな変化を望む」人向きです。切開した場合華やかな感じや目力が付きます。ナチュラルな二重を希望する場合や人にバレたくない方は不向きです。全切開の手術する前と後では劇的に違えることも可能です。